音響カプラを自作してみる実験

数年前は音響カプラ(テレホンカプラ)が市販されていたはずだけど、今は途上国でもGSMや3G網(携帯電話)が整備されつつあるせいかもう売られていない。

で、音響カプラってどんな仕組みなんだろうと思案していたら、工事担任者で勉強したハイブリッド回路だとか、電気通信主任技術者で勉強した変調方式がとか、いろいろ考えていたらわからなくなってきた。よく考えたら変調そのものはアナログ回線用のモデムができるわけで、単純にモデムの出力部をハイブリッド回路に通せばいいじゃんってなって、ハイブリッド回路なんて要するに電話機そのものだわってなって、電話機を対向させれば音響カプラになるのでわ? と思って実験してみた。

音響カプラ - 電話機 音響カプラ - 直流回路

緑の601-P型が電話回線(プライマリIP電話)に接続されている。黒い600-A2型電話機がモデムにつながっており、黒電話とモデムの中間で乾電池4本(6V)に160Ωの抵抗を入れたもので直流電圧を重畳している。(直流回路の構成と電話機のマイクの電源となる。) 緑のプッシュホンは送受話器の中からスピーカとマイクを外して黒電話のハンドセットの上に置く。これで回線が音響的に接続されたはずだ。

自作音響カプラ概念図
▲ペイントで書いた概念図

モデムはオムロンのME5614D2をIOデータのUSB-シリアル変換USBRSAQ5でWindows7 64bitのパソコンに接続。モデムinfファイルが無いのでインボックスドライバの中から、オムロンの似た型番のものを入れた。とりあえずputtyを起動し、COM7で見えているモデムに初期化コマンドを送信。

ATS=0
AT+MS=V22B,0,300,2400

その後、緑の電話機をオフフックしてプロバイダの電話番号にかけて接続。同時にモデムにATDコマンドを送信。

+MCR: V22B
+MRR: 1200,1200
+ER: NONE
CONNECT 1200

Login:

つながった!!

今日のところはログインは成功しなかったけど、ネゴシエーションとデータ受信は成功しているわけで、直流回路の電圧と抵抗やレベル調整しだいで安定接続も可能な気がする。※本当は黒電話なんかでごまかさずに、OPアンプで2-4ハイブリッド回路と適当なAFアンプを組んでゲインを可変にしたほうが確実だと思う。

たまに検索されるキーワードから察するに、スマホで音響カプラを使ってドヤるにはどうしたらいいですかみたいなのを見かけるけれど、以前のPDCはともかく今の3G、LTE携帯では「音声のみ」に特化した高度な不可逆圧縮できれいな通話品質を実現しているので、セミやスズムシの音が携帯では聞こえないように、機械音のモデムの音が全く通らないか、使えても口でしゃべる程度の低速なボーレートでしか使えないと思います。そもそも携帯のレートは8kbpsとか12kbpsだから情報理論的には独自の変調方式でがんばったところでそれ止まりなわけで。sshでw3mすらきびしいかと。まあ、最新のアイフォーンに接続した音響カプラでピーガーシャーと騒音まき散らしながらスタバで目立ちたいというのは、技術小僧魂的には分からなくもないですよ。

広告

月刊Stereo 2014年8月号のスピーカー

だいぶ遅くなったが月刊Stereoの2014年8月号と同時発売のムックで2wayスピーカーを組み立ててみた。

4mmの角材で補強を入れてみたので思いのほか時間がかかったけど、剛性が標準状態と比較して強化できたのではないかと。またネットワーク用の雑誌付録パイポーラケミコンはなんとも心もとないので以前パッシブトーンコントロールを作ろうとして放置していた1uFのフィルムコンデンサに交換。サンオーディオ SVC-200、サンバレーJB-2A3にヤマハのCDR-HD1500を組み合わせてエージングと試聴を開始。スピーカーケーブルは二種電工の練習で余った1.6mmのVVFケーブル。ソースはエミリーバイノンさんのファンタジーほか。

雑誌付録とはいえフォステクスブランドのユニット、アンプなしのスピーカだけで1万円近くするわけで、このクラスになると、市販だろうと自作だろうとキットだろうと、そこそこいい音がするはずなのだ。上を見るとキリが無い世界。それ以上は個人の趣味ってことで。

 

クラフトオーディオかつピュアオーディオ(笑。なんとも贅沢な趣味だわ。

2chオーディオの世界に入ったときはステレオといえばオーケストラみたいな感覚でフルオーケストラを中心になんとなく聞いていたけど、今はオーケストラより室内楽、小編成、ソロのが好きだ。そもそもある程度のDレンジとfレンジ、それとそこそこのノイズフロアが確保されてれば再生側でどういじってもそんなに変わるものでも無い。定位が~とか粒状感が~といっても所詮マスタリングという装飾が入ってごちゃごちゃした音のカタマリ。まあCDなりハイレゾ音源って、それ込みで作品として買ってるわけだけど。

究極のオーディオはモノラルだ、と聞いたことがある。最近その意味が分かってきた気がする。

 

USBカードリーダは壊れやすい?

USBカードリーダが壊れた。

壊れたUSB microSDカードリータ

今回はグッドウィル(近所のパソコンショップ)で格安品で買ったmicroSD対応品。数か月前に買って何度か使ったきり放置していたものを、数日前に出してきて1GB程度のファイルコピーをしていたところ、コピーが途中で止まったきりカードを認識しなくなりました。ドライブとしては存在しているのにカードを入れても挿入状態にならない。しかもmicroSDカード内のデータを破壊しつつ壊れるとは。所詮は安物か。

前回はイオンの文具店で買ったサンワの標準サイズのSD対応品はしばらく使えてたけど、FedoraのUSB Liveブートに使っていたらPCに接続後、一瞬だけ認識したかと思うとすぐに消えてしまう状態になってしまった。こういう壊れ方は、単にソケットの耐久性だけでもない気がする。

個人的な評価の中で最高はこれ。100円ショップのが30個以上は買えますが、信頼性は一番かと。安物でプライスレスのデータを失っては取り返しがつかない。
http://panasonic.jp/p3/memory/sdxc/

以前の青いやつは遅くてイライラしたが、現行品の黒いのは速度も上がってなかなか良いです。ついでにCPRMも対応で、、ってそれはあんまり使わない機能。