水銀電池

松下電器の水銀電池です。

これはある種の踏絵ですね。親の世代だとボタン型電池を一律に「水銀電池」と呼んだりする人もいます。
12年も前に生産が中止されています。注意書きが見えるでしょうか。

地球環境保全のため この電池は’95年末を
もちまして生産中止させて頂きますので
ご理解の程 よろしくお願い致します。

水銀電池は90年代に急速に浸透した無水銀化の影響をうけて、生産終了になりました。海外では生産しているところもあるようです。
正しくリサイクルされていれば再生可能ですし、環境破壊につながらないはずなのですが、通常のごみとして出されたり、
そのまま野山に捨てたりするからだめなんですね。製造過程でメーカーから水銀汚染物が排出される心配もあります。

でも水銀って地球上にはありふれていて、鉱石や火山の噴火で何千トンという水銀が大気中や河川に流れているはずで、
生物濃縮が進んでおり、普通の人からも害のないレベルで検出されます。水銀そのものが局所的に集まるのに問題があるようです。

でもなんで水銀電池がよかったのでしょう? 理由は簡単。安くて高精度だから。
カメラの露出計によく使われていました。水銀電池とCds、メーターと分圧抵抗を組み合わせれば露出計なんかそれで完成です。
電圧レギュレータとかいらないくらい水銀電池の電圧は安定なんですね。

写真の電池は使用推奨期限が97年8月となっていますが、MR44の電圧を測ってみたら、2個とも1.350Vぴったり。これにはちょっと驚きです。
残念ながらMR9(H-D)の電圧はふたつとも0.350Vと放電してました。

水銀電池はバラすとコロコロの水銀が出てくるらしいのですが、後の処分に困るので分解したいけど、しません。。

 

広告

FizzBuzz問題

FizzBuzz問題というのが(簡単な)プログラミングの課題であるらしいので、調べてみたら次のようなもの。

1から100までの数をプリントするプログラムを書け。
ただし3の倍数のときは数の代わりに「Fizz」と、5の倍数のときは「Buzz」と
プリントし、3と5両方の倍数の場合には「FizzBuzz」とプリントすること。

特におもしろくもなくテクニックも要らないんですが、プログラムができる人とできない人をより分けるのに使う問題だそうで。
でも就職試験でこれ出されてもねぇ。もう少し難しい問題出してもできる人とできないひとをより分けることはできると思います。
これはプログラムが少しだけできるひとが全くできない人を見てあざ笑うための問題じゃないかなと。

一行プログラムだとか条件分岐を使わずに謎な評価式のプログラムとかたくさんあります。
遊びならともかく、もし採用試験でそんなのを回答にしてきたら、私なら、そんなのを書く人は不採用、却下ですね。。

[fizzbuzz.js]
// 変数定義
var i;          // カウントする数値
var msg;        // 表示するためのメッセージストア

// メインルーチン
for(i=1; i<=100; i++) { // 1から100までiをカウントアップ

        msg = "";       // メッセージをクリア

        if(i % 3 == 0) {        // 3の倍数ならばメッセージを "Fizz" に設定
                msg = "Fizz";
        }

        if(i % 5 == 0) {        // 5の倍数ならばメッセージを "Buzz" に設定
                msg = "Buzz";
        }

        if(i % 3 == 0 && i % 5 == 0) {  // 3の倍数でかつ5の倍数ならばメッセージを "FizzBuzz" に設定
                msg = "FizzBuzz";
        }

        if(msg.length == 0) {           // メッセージが無ければ値を表示
                WScript.Echo(i);
        }
        else {                  // メッセージが有る場合はメッセージを表示
                WScript.Echo(msg);      }
}

このサンプルもコード中に固定値を書いてたりしてビミョーですが。
全文にはドキュメントもあります。

 

ポラパルスバッテリーの外し方

ポラロイドフィルムのカートリッジには電池が入っています。

これは分別して捨てる必要があるので通常カートリッジはばらしますが、カートリッジは写真たてにするという再利用方法があります。写真たてにするとしても使用済みバッテリーを放置しておくのは気が引けます。そこでバッテリーだけ取外せないものか考えたら、貯金箱を開けずに硬貨を取り出す方法が使えないか試してみました。

▼カートリッジの底にある穴から太目の棒などでバッテリを押しあげ、フィルムが出てくる隙間からバッテリーと底の間にテレカなど薄いプラスチック片を差し込みます。

テレカを半分差し込んだ状態でバッテリーを引き上げるとうまく出てきます。600フィルムの場合は金属製のバネも同時に取り出すほうがバッテリーを傷つけなくてよいかも。(ツメがひっかかってバッテリーのプラスチックフィルムが破れるので)

▼分離できました。金具も出した場合は逆の手順でカードを使うと簡単に戻せます。

▼600フィルム(左)とスペクトラフィルム(左)でのバッテリーの台紙のちがい。

この微妙なバッテリーはショートさせて懐炉にする以外、あまり使い道を思いつかない。。

オートガイドアダプター AGA-1 Limited

ビクセンのオートガイドアダプターが限定復活してたので、思わず買ってしまいました。ガイド撮影なんてここ数年やったことないし、やる元気もないのに。

▼色違い以外何がLimitedなのかよくわかりませんが、普通紙コピーでできた追加の説明書によるとDD2、STAR BOOK、STAR BOOK Type-Sに正式対応しています。

▼おもむろに分解してみます。。メイン基板の表側。ビクセンお得意の日立製マイコンです。スカイセンサー3Dもステラガイドも日立製だったはず。RAMはHM530281、日立製320kワード(8ビット/ワード)のRAMです。

▼メイン基板をひっくり返したところ。256kbits(32kバイト)のROMと256kbitsのRAMがついています。ROMの日付に注目。通常版AGA-1生産終了後と思われる日付です。どこかちがうのでしょうか?

▼メイン基板の下にあるビデオ基板。74HCシリーズの標準ロジックがたくさん載っています。上部にはフォトカプラがコントローラのスイッチ分、4コ並んでいます。

ビデオ基板のハンダ面に部品は実装されていません。

※一度フタをあけるとかなり閉めにくい。可動部品はほとんど無いので簡単には
壊れないと思いますが、分解したい方または、分解した方は戻すとき十分注意しましょう。

予想通りマイコン+ビデオ処理回路の構成でした(←そんなのは誰でも思いつく)が、思ったほどビデオ回路の集積化はされていませんね。これくらいなら技術力があれば自作できなくはないでしょう。私はしませんが。最近はパソコンとUSBカメラで動作するオートガイドソフトが幅をきかせているので単体のオートガイダーは使われなくなってきました。ソフトと汎用ハードに取って代わられたMIDI音源みたいなものですね。

これでGP-Dシステムのオプションがほぼフル装備になったのであとはCCDカメラとアイピースを少々買ったら望遠鏡関連は終了になる予定?? もう望遠鏡関連で高額な無駄遣いをしなくてもよくなると思うと少し気が楽。。