ICOMのD-STAR対応機、ID-800の受信改造をしてみた。同一きょう体のIC-208は改造方法がでまわっているのにID-800は皆無。有名なmods.dk http://www.mods.dk/ でも「VIPメンバーでないと見られない」といわれてしまいます。販売店では改造を行ってくれるところもあるからできるはずと思い、海外のサイトで一ヶ所だけあったのをもとに試行。
改造ポイントはパネル端子裏側にある2コのダイオード。これを二つとも外し、その後IC-208と同じコマンド、LOW+MONI+PWRで電源オン。380MHz付近が受信できるようになっていれば成功です。これで歯抜け受信が解消しました。アナログ携帯はもうないし、コードレスホンはともかくJR Cタイプの無線が聞けないのはいまいちなので、これで受信機を併用しなくてもよくなります。「広帯域レシーバー搭載」とうたってるのに下限118.00MHzというのは割り切りだと思うけど。
▼ID-800の改造ポイント。○で囲んだ部分。(改造前の状態)
 
※二つともとってよかったのかどうかはわかりません。特に不具合は起こっていませんが、試すときは自己責任で。
胡散臭いので証拠写真も載せておきます。
▼ちゃんと380MHz帯を受信してます。
ちなみにオプションのリモコンマイクはすごく便利。

それとIC-T90(の受信改造)に引き続き、今回も外したダイオードを内部に落としてしまったので緊急オペ開始。。この機種、メイン基板を外すのは結構手間。
  1. 上部蓋を外す
  2. パネル裏のシールド板を外す (受信改造を行うときはデジタルモジュールも外すほうが無難)
  3. アンテナコネクタのハンダを外す
  4. パワーモジュールの足のハンダを外す
  5. メイン基板をとめるネジを外す。同時に電源付近にあるネジ止めされた部品のネジも外す。
  6. メイン基板に穴から見えるパワーモジュールを押さえるネジを外す。落とさないように。
  7. パネル端子のノッチを押さえている金具を外す。(外さなくてもよいかもしれないが、外すほうが楽。)
  8. アンテナ端子を少し緩めて外側にずらす。(基板を持ち上げやすくするため。)
  9. 後ろ側(ファンのある側)からすこしづつ引き上げる。パワーモジュールの足がすべて外れていることを十分確認すること。
  10. パネル端子が引っかからないように後ろに引くと外れる。

▼ようやくたどり着いたら、○のところに落ちていた。。

戻すときはパワーモジュールの足が自然に基板の穴に入るように注意する。無理に押し込んで足を曲げてしまうと基板を収めにくくなる。また、戻した後はハンダ付けを元通りにしておくこと。パワーモジュールのハンダ付けは「ケチケチハンダ」だったので適量にしておいた。これのせいでパワーが正しく出ていなかったのかも。(430MHzで14Wくらいしか出てなかったのが戻した後は18Wくらい出るようになった。)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中