ポラロイドカメラの電源はフィルムカートリッジに内蔵されているバッテリーで、これはポラパルスバッテリー(Polaroid P80、Polapulse Battery)という平べったい6Vのマンガン乾電池です。フィルムカートリッジの底に入っていて端子が見えています。カートリッジをばらして電池を取り出すとアイコンでショート禁止とかハサミ禁止とか書いてありますが、、

▼とりあえずばらしてみました。4セルのマンガン電池です。

仕様は次のサイトにありました http://users.rcn.com/fcohen/ の、http://users.rcn.com/fcohen/P80&91.htm 。6V、10mAで23.7時間、100mAで130分と書いてあるので200mAh以上の容量がありそうです。マンガン電池なので放電特性は異なりますが、単4型NiCdと同じくらいでしょうか? また、1Aで7.6分、5Aで0.2分という大電流も取り出せるらしく、応用製品でStartMeUp!2という
緊急始動用バッテリー充電器もあります。始動のために5分で充電できるらしい。http://www.startmeup2.com/index.html

ためしに端子をショートさせたら電池がかなり熱くなりました。平らな形状が内部抵抗を下げて大電流が取り出せるのでしょうか? フィルムパックで10億の出荷実績があり、爆発や液漏れは皆無、水銀、ガトミウム、鉛は含まれておらず、環境にもやさしい。しかも二次電池でないにもかかわらず複数の人が充電して使えているとも書かれています。←さすがにこれは危険だと思う。

次のところでは販売もしてるようです。7ドルとけっこういい値段。
http://www.photobattery.com/

フィルム10枚または12枚撮影するのにこの特殊な電池が捨てられるのはちょっともったいない。ポラパルス専用のライトやラジオなんてのもあるようですが、何かいい使い道はないでしょうか??

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中