エッチング液

生基板の銅箔を溶かしてパターンを作る、いわゆるエッチング。普通の一般家庭では塩化第二鉄(FeCl3)の水溶液を使うのですが…  (注:普通の一般家庭では基板にしろアートにしろエッチングなどしない。)

ずいぶん前に「水で溶かして作るエッチング液」なるものを部品屋で買ってしまったときは困りました。安いのですが、サンハヤトのエッチング液と違って処理剤とか無いものですから廃棄するにもうかつに捨てられません。販売店の店長に聞いたら「庭に穴掘って埋めれば?」なんて無責任極まりないことを言われました。中学生でも金属が溶けた液体をそのまま流してはいけないことくらいわかります。結局、数年後に入った大学の研究室に寄贈…

これはおそらく「ペルオキソ二硫酸アンモニウム」(NH4)2S2O8、別名:過硫酸アンモニウムというもので白色の粉末です。水に溶かすと無色透明ですが、使っていくとだんだんきれいな青色の液体になっていきます。硫酸銅の青っぽくて、いかにもやばそう。捨てるときは水酸化カルシウム(消石灰)か炭酸カルシウムか何かで中和してから、硫化水素ナトリウムで銅を析出させるとよいみたい。ですが、硫化水素ナトリウムをグラム単位で買うのも面倒そう。ちなみに、過硫酸アンモニウムのほかに過硫酸カリウム、過硫酸ナトリウム、塩化第二銅なんかも基板のエッチングに使えるようです。

写真の自家現像なんかでもそうですが、化学薬品を買うときは破棄するときのことをよく考えねばなりませんね。もしかしたら、近い将来ハンダも捨てにくくなるかもしれません。

実際のところエッチングの廃液自体は十分に希釈すればそれほど危険なものではないらしいです。酸性や腐食性が強いので配管が痛む可能性はありますが、エッチング液や現像液よりも醤油やサラダオイルの原液のほうが環境負荷は高いそうです。(ただし停止液の酢酸は廃液規制対象)

広告

AM放送の音はいい??

「ゲルマラジオは音がいい。特にHi-FiオーディオにつなぐとAM放送がいい音だとわかる。」

 本当ですか??

私の親もそういっていた気がしますが…

AM放送ってプリエンファシスでkHz台の高音域は中音域より数倍以上も持ち上がってて、
IF段や周波数特性の悪い増幅段を持たないゲルマラジオはストレートにその信号を出力してるんですよ。
プリエンファシスも規定は無く、放送局によってかけるかけない、特性もまちまち。
(たとえば3kHz +6dB/octとか。←1.5kHzと3kHzでは倍ちがう、周波数2倍ごとに電圧2倍ということ。)

これはイヤホンで聞いてもオーディオにつないでも同じで、
低音は特性上よく出るのですが、私にはすごくシャンシャンして軽い音に聞こえます。

こういう音がいいと思うのは、高音たっぷりでドンシャリな音がお好みなのでしょう。

まあ、バブリーラジカセ時代の一般受けする音ってそういうものだった気もしますから、
こういうのをいい音っていって差し支えないのかもしれませんね。

 

キットラジオの電池寿命

CHERRYキットのの8石トランジスタラジオには、おなじみ9Vの006P乾電池(マンガン黒)が入っていますが、これでどれだけ聞けるのか?
そもそもキットを組み立てたラジオで電池を使い切る、そして交換してさらに使う、といことをしている人は少数派ではないか、とさえ思えます。

この疑問に挑んだ 20日間以上におよぶ実験の結果を発表します。

検証環境

ラジオ CHERRY KM-88 8石トランジスタキット
(ただしAGCを改造し、オリジナルより消費電流が5%ほど減少している)
乾電池 東芝 006P型(6F22) 使用期限2007/10

受信周波数
NHK第一放送 729kHz
CBCラジオ 1053kHz
使用比率はNHK 7、CBC 3 程度。

備考
使用中はなんらかの信号を受信し、一定以上の音量でスピーカを駆動する。

次に使用した日時を示す。

日付

開始時刻

終了時刻

使用時間

累計時間

備考

2007/08/21

07:56

08:16

0:20

0:20

開始

2007/08/21

21:46

22:07

0:21

0:41

 

2007/08/22

07:50

08:17

0:27

1:08

 

2007/08/22

20:36

21:06

0:30

1:38

 

2007/08/23

07:50

08:17

0:27

2:05

 

2007/08/23

19:26

19:31

0:05

2:10

 

2007/08/24

07:53

08:25

0:32

2:42

 

2007/08/24

19:46

20:08

0:22

3:04

 

2007/08/26

12:30

12:55

0:25

3:29

 

2007/08/26

17:20

17:35

0:15

3:44

 

2007/08/27

07:50

08:25

0:35

4:19

音量が小さくなった?

2007/08/28

07:52

08:25

0:33

4:52

 

2007/08/28

17:52

18:27

0:35

5:27

 

2007/08/29

07:50

08:17

0:27

5:54

 

2007/08/29

19:45

20:17

0:32

6:26

 

2007/08/30

07:53

08:25

0:32

6:58

 

2007/08/31

07:50

08:15

0:25

7:23

 

2007/09/03

07:50

08:17

0:27

7:50

 

2007/09/03

18:43

19:17

0:34

8:24

 

2007/09/04

07:52

08:23

0:31

8:55

 

2007/09/04

19:43

20:15

0:32

9:27

 

2007/09/11

07:52

08:23

0:31

9:58

 

2007/09/11

19:50

19:55

0:05

10:03

音量がかなり小さくなる

実際の使用に基づく結論として

CHERRYの8石トランジスタラジオキットの電池(マンガン黒)寿命は約10時間といえる。

補足として、使用期限が切迫していない電池であれば使用時間が多少伸びるのではないか、
またアルカリ電池はマンガン(黒)電池の2.5倍程度の容量があるため25時間程度の使用が可能と考えられる。

追記:
その後は休み休み使って、5時間以上も小さい音ながら実用的に聞けました。

トリプレクサー

トリプレクサーの中を見てみた。

▼第一電波製MX-3000

左のキャビティから順に1200MHz、430MHz、144MHzのフィルタが入っているだけです。
つくりは簡単ですが調整が難しそう。1200MHz帯のコイルなんて半円しかないんですね。

 

BSのTVI

IC-R3のFM-TV受信可能範囲にBS-IF周波数が含まれているのでBS放送の映像だけ見ることができます。

BS放送やの電波は12GHzと周波数が高いのでそのままでは同軸ケーブルに流せないのでアンテナについているBSコンバータで1GHzに周波数を変換して受信機(BSチューナー)に入力します。この同軸ケーブルに流す周波数がBS-IF(IF=中間周波数)です。アナログBS放送は映像がアナログのFM変調、音声がデジタルのDPSK変調なので、IC-R3では映像のみ受信することができます。

見かたは簡単で、BSが見えるテレビ用アンテナケーブルにIC-R3のアンテナを接続して、周波数1100MHz~1300MHz付近でFTV(FM-TV)モードにするだけです。アンテナのインピーダンスマッチングは気にする必要はありません。BSコンバータは同軸に重畳した電源で動作しますがIC-R3はコンバータに電源を供給できないので、コンバータにはBSチューナから電源を供給しておきます。今回は受信ブースタの分配出力にIC-R3を接続し、BSデジタルチューナからブースタの通電端子経由でコンバータへ電源供給しています。

▼BS7のNHK-BS1とBS5のWOWOW
WOWOWはコアテック方式というスクランブルがかかっています。
 

今はデジタルBSチューナもあるから、映像だけ見られても何もいいことはありません。

ついでなので、アマチュアバンド1200MHz帯の基本波によるBS-IFへの飛び込みによるTVIの実験をしてみました。BS-IFの周波数のうち、BS13chの1279.64MHzは1200MHz帯(1260.00MHz~1300.00MHz)に近いので、小出力でも影響が出ることがあります。BS13chはデジタルBSのBSフジ、BS日テレが使用しています。

デジタルではいまいち影響がわかりにくいので、周波数が近いBS9chのNHK-BS2を受信した状態で、ハンディ機から1260.02MHzで送信し、影響を調べます。(これは調査のための実験です。この付近はバンドプランでは衛星通信用の割り当てです。)

▼40cm程度離れた場所で送信してみます。

▼送信すると砂嵐がまじってきます。
場所を変えると完全に砂嵐になってしまう場所、近くても影響が少ない位置などあるようです。

▼アナログBSチューナ内蔵のレコーダで受信してアンテナレベル(C/N比)を測定すると、水平方向に2mほど離れた位置でもアンテナレベルが低下することが確認できます。ただ、実際の映像には影響ありませんでした。

テレビの受信では砂嵐ではなく、メダカノイズになりました。受信電界強度が低下したような状態です。おそらくアマチュアバンドの電波で抑圧をうけているのでしょう。

アナログBS放送はもうすぐ終了になるのでこのような様子は見られなくなりますが、デジタルでもIは出ます。 先に書いたように現在BS13chではBSフジとBS日テレが放送しているので、上の実験をするとブロックノイズが出だして、ひどくなると完全にブラックアウト(放送休止)になってしまいました。C/N測定も影響がはっきり出ています。BS9よりも周波数が近いので強い影響を与えているようですが、2m近傍から送信した状態ではアナログより影響が少なく感じました。

VBAエディタへのハイパーリンク

Microsoft Officeには不思議な機能がたくさんあります。
なかでも、これは私が意味不明で最もお気に入りの機能です。

WordやExcelではウェブページのようなハイパーリンクを作成できます。
通常は同じ文書中のちがう場所や、別のファイルにある特定の場所へリンクさせますが、
リンク先にVBAのコードエディタ内に記述した関数やサブルーチンを指定することもできます。

※あらかじめ断っておきますが、これはマクロでリンクを作るとかそういう実用的なTipsではないです。
仕事中にマクロとリンクに関する検索でヒットしたならばこのエントリを読み進めることは、おそらく時間の無駄でしょう。

 

 

 

←ハイパーリンクの作成

 

←リンク先に #関数名 または #サブルーチン名 を指定。
 PublicでもPrivateでもかまいません。またオブジェクト、標準モジュールどちらでもok。

 

  ←コードを開くリンクができました。
  ハイパーリンクが機能しない場合はマクロを有効か確認してください。
  ハイパーリンクはマクロではありませんが、マクロが有効でないとVBAエディタが使えません。

 

 

よくわからないのが、「ハイパーリンクの編集」ではどこに設定してあるのかよくわからないこと。
リンクをポイントしたときに出てくるポップアップを見るとわかりますが #の指定は消えてしまいます。

Excel6についていたVBAのサンプルのワークシートにはこの方法で作成した「コードを開くボタンっぽいオートシェイプ」
が貼り付けられてましたが、ボタンなどのオブジェクトそのものにリンクするならまだしも、コードを開ける必要があるときっ
て、サンプルの提示以外どんなときでしょうね。。