IC-7400をIC-706でリモートコントロールしてみる

IC-7400で不便なのがフロントパネルが分離できないこと。固定機では普通だけど、モービル機のようにパネルが分離できたらいろいろと便利だと思う。
前からPC接続用のREMOTE端子(CI-V)につなげられるようなものをマイコンで作ったらいいんじゃないかと考えてたけど明らかにめんどうすぎて未着手。そんなおり、なにげにリニューアルしたICOMのiUSEを見ていたら二台の無線機を送受で使うために同期する方法が載ってて試したら簡単にリモートコントロールできるじゃないですか。
IC-7400とIC-706mk2GのREMOTE端子をモノラル3.5φケーブルで接続し、CI-Vアドレスを双方同じものにする。これだけで、二台の無線機の周波数がリアルタイムで同期されます。そうしたうえでIC-706mk2Gのパネルを外してやればIC-7400即席リモコンの完成。バンド、周波数、モードは変更するとそのまま他方に反映、フィルタはIC-706のWideがIC-7400のFilter1、NormalがFilter2、NarrowがFilter3に対応しているようです。メモリは周波数情報が反映されるだけなので、操作する側のメモリに引っ張られます。メモリの内容がコピーされるわけではありません。
IC-706mk2Gの表示の一部しか使わないなんて非常に豪勢で無駄な気もしますが、なかなかおもしろいですよ。IC-706mk2GとIC-7400の組合せでなくともできると思います。IC-7800とIC-7000でも、できると思います。思うだけですが…
広告