昨日から気になっていることを補足。KINGSOFT Office 2007がVBSなどのWSHスクリプトで制御可ってことは、ウィルスの心配があることを意味する。
マクロが無いということでMS Officeにあるマクロのセキュリティ設定は無いし、COMアドインもウィルスチェックにかけるかどうかの設定だけ。COMのホストとしては脆弱な印象。普及率しだいでは脅威にもなりうる。
猛威をふるった「I LOVE YOUウィルス」「LOVE LETTORウィルス」などはVBSで作成されたスクリプトであって、現在ではWSHで組まれたウィルス・ワームが多く、むしろExcelマクロやWordマクロ型は少数派。WSHで制御できるので、「Kingsoft Officeはマクロが無いから安全」とはいえません。
今のところMS Outlookに対応するアプリが無いし普及率の見込みも ? なので急速なメール感染は無いと思うけど。SpredsheetsやWriterで作成したページの一部だけ改変するウィルスとか居たらイヤすぎるし。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中