Kingsoft Office 2007 はマクロウィルスの悪夢を見るか?

昨日から気になっていることを補足。KINGSOFT Office 2007がVBSなどのWSHスクリプトで制御可ってことは、ウィルスの心配があることを意味する。
マクロが無いということでMS Officeにあるマクロのセキュリティ設定は無いし、COMアドインもウィルスチェックにかけるかどうかの設定だけ。COMのホストとしては脆弱な印象。普及率しだいでは脅威にもなりうる。
猛威をふるった「I LOVE YOUウィルス」「LOVE LETTORウィルス」などはVBSで作成されたスクリプトであって、現在ではWSHで組まれたウィルス・ワームが多く、むしろExcelマクロやWordマクロ型は少数派。WSHで制御できるので、「Kingsoft Officeはマクロが無いから安全」とはいえません。
今のところMS Outlookに対応するアプリが無いし普及率の見込みも ? なので急速なメール感染は無いと思うけど。SpredsheetsやWriterで作成したページの一部だけ改変するウィルスとか居たらイヤすぎるし。

Kingsoft Office 2007 はミドルウェアの夢を見るか?

「Microsoft Officeに最大限近づけた!」がキャッチコピーのKINGSOFT Office 2007βをダウンロードできるようになったので、試してみた。”最大限近づけた”っていいまわしビミョー。。
まず結論を先に。レイアウトの細かいこととか、過去の資産とか、マクロとか、デザインの権利とか、細かいこと言わないなら、買い。です。まずアイコンやウィンドウのレイアウトなんかの見た目はそっくりで迷わないし、動作も軽快だし。ただ、マクロ無い→要らない。とかいう意見が。たしかにそうなんですよね。でもちょっとまってください。マクロとVBAが無くても自動制御ができないわけではないのですよ。
 KINGSOFT OfficeはMS OfficeのオブジェクトモデルとCOMインターフェースに「最大限近づけ」てあるんですって。(互換らしい)つまりマクロ機能とVBAは無いにしても、COMオブジェクトとしてWSHなんかでオートメーションし放題なわけですよ。(よーするにVBScript、JScript、別アプリのVBAなどのオブジェクトベース言語、あるいはVB、C++、Rubyなんかでも制御できるってこと)
ものは試しでWSHのスクリプトを書いてみました。次の記述をメモ帳なんかで .vbsとして保存し、それをダブルクリックで実行すると、あら便利。Kingsoft Spreadsheetsが起動して何やら勝手に動きます。
[etmacro.vbs]
Dim oEt
Dim oTarget
Set oEt = CreateObject(“ET.Application”)  ‘ Spreadsheetsのオブジェクト
oEt.Visible = True
oEt.Workbooks.Add
Set oTarget = oEt.Workbooks(1).Worksheets(1).Range(“B2”)
oTarget.FormulaR1C1 = “KSOは良いかもしれない。”
oEt.Workbooks(1).SaveAs(“C:\KSOは良い.xls”)
MsgBox “C:\に保存しました。”
oEt.Quit
Set oEt = Nothing
Excelで実行したければ3行目を CreateObject(“Excel.Application”) に変更するだけ。VBAが無くっても自動処理ができるってこと。しかもMS Office互換で。値段は10分の1。これってもしかしたらすごい可能性があるんじゃない?
MS Officeで開発したスクリプトをKINGSOFTで動かすことができれば、クライアント一台増やすのにかかる費用を低減できたりして。どっかのSI業者がMS Officeの代わりにこれ使う、とか言い出さんかな? KINGSOFT Officeをミドルウェアとして使う道も開けそう。MS Officeとすこし違う挙動をするメソッドがある気もするので検証は必要ね。あとAccess相当品が無いとつらいかな。
もしかしたら、スクリプトをドキュメントから発動するしかけとか付いてるんじゃないかと思ってみたり。なんでかっていうと、Runメソッドがあったりするし。。

適当にやっても何のエラーも起こりませんでしたが。(Excelでは指定したマクロが無いとエラーが発生する。)
 何といっても安いし製品が出たら買うかも。(←ただしオフィススイートとしてはLotus Super Officeのが安い) OpenOfficeと違ってオープンソフトでもフリーソフトでもないし、すでにあるのでMS Officeを今後も使うことになるでしょうけど。

水星日面通過

今朝、水星の日面通過という現象がありました。
 
太陽と水星と地球が直線状に並んで、太陽の中に水星の影が見えるというもの。
日食の水星版といえばいいのかな?
 
出勤前に10分くらいだけ観察。
6cmF15アクロマート屈折経緯台にサンプリズム+サングラス。お手軽装備です。
見慣れた黒点とはちがう物だとはっきりと分かる水星の影が見えます。
デジカメで撮影するものなかなかうまくいかない。ピンボケ画像を補正して掲載…
 
▼06/11/09 7:39。60mmF11+Or.18mmに6mmF2.8でコリメート撮影。1/125秒。トリミング&シャープ強調補正。
画像右の点が水星。右側の黒点のがはるかに大きい。
画面を斜めに横切るもやっとした太い線は電線の影 orz…
 
 
その後職場でライブカメラの画像をチラ見して9時9分30秒くらいに終了。

これを見るためには少なくとも望遠鏡と太陽観測ができる機材が必要なので、

この時期の「しし座流星群」のように手軽にとはいかない。
 
なおかつ見た目、地味だし。と思ってたけど実際見てみるとやっぱりお本物を見るのは違うな。
ライブカメラや人工衛星からの精細な画像は公開されているけど、ナマは太陽と水星の距離感とか動きを実感できます。
 
 
 
この現象、前回は3年前にあったけど、次回は26年後。
珍しいものが見られてよかった。
 
※今日は親にも見せていましたが、眼視での太陽観測はやはり気を遣います。
サンプリズムも意外と危険。プリズム底面の穴から出てくる光は強烈で誤って光線に触れるとやけどしそう。

IC-T90の受信改造

昨日買ったICOMのIC-T90をさっそく受信改造。電池スペース下のシールをはがして ”A”と書かれたチップ部品を取るだけなんですが… なんか嫌な気がした。

外したはずの部品が見当たらない。軽く振っても音がしないけど、気持ち悪いので緊急オペを開始。

スピーカ上部のシールド付近に転がってました。振るとカケラがもうひとつ。。
最初から開けて作業したらよかった。その後SMAP-BNCJケーブルを作るものの、いまいち失敗で中心コンタクトを何度も付け外ししたりコネクタシェルを締めるときナメたりとさんざん。今日の工作は止めよう。