アルインコの無線機DJ-C7は最初からAM・FM・短波放送、エアーバンド、コードレスホン、VHF・UHFユーティリティ無線など受信できます。これだけ入ると無線機+ラジオ+αってかんじですね。広帯域受信機とはいえませんが、とても便利です。これ国内版なんですが送信改造してみます。以下できるらしいのでやってみたらできました、という報告。
無線機の送信改造をすると国内では限りなくグレーゾーンになるのでそのあたりとか改造そのものは自己責任で。持ってるだけで違法といわれることもあるし、送信しなければ問題なしとする意見もあります。まあ、技適マークの意味からすると手を加えた時点で技適の対象外になるんですが。。
改造ポイントは5箇所のネジを外して背面を開けたところで基板中央にある水晶振動子付近。下の写真で○で囲んだところにあるチップ抵抗を取り除き、リセット(FUNC+電源オン)を行ないます。 取説P28のメモリー保護をonにしておくとリセット時にメモリーの内容が無くならないらしいですが、offのままで全部消えました orz

右は取り外したチップ抵抗で実測2kΩ、サイズは1005です。改造前と比べて変化する送受信可能範囲は次のとおり。AM、短波、FMラジオは変わりません。
エアー TX  136.000MHz~141.995MHz  RX 108.000MHz~141.995MHz
VHF    TRX 142.000MHz~169.995MHz
L-UHF  TX  400.000MHz~429.995MHz  RX 380.000MHz~429.995MHz
H-UHF  TRX 430.000MHz~469.995MHz
※バンド表記は説明書に準ずる
エアーとL-UHFはバンドの途中から送信可能となります。バンドをまたいでいるのでわかりにくいけど、実質136.00MHz~169.995MHzと400.00MHz~469.995MHzが送信可能です。
ちなみに改造ポイントの写真を見るとわかりますが、チップ抵抗のランドから伸びているパターンが空きランドになっています。ロットや出荷先によっては、リード線カットでの送信改造をサポートしてたりするんでしょうか。→海外版ではワイヤーカットらしいです。eham.netのレビューより (海外版は周波数範囲が異なるようです) JAIA加盟メーカも少なくなったし、そろそろ日本仕様のCPUを止めて全世界共通で作ってコストダウンしてもいいんじゃないかな。
この機種はオートレピータのシフトとトーン設定が任意にできるのでこのままでも困ることはありませんが、いつでもPTTを押せば電波が出る状態なのはユーティリティ無線を聞くとき精神衛生上よくない気が。改造の可否が確認ができたのでもとどおり直すことにしましょう。。

このオフバンド送信機能が法の上で認められるのは遭難通信くらいでしょう。もし遭難したらチップを外してから適切な周波数で「メイデイ」と三回前置して呼出し、通報を行なえば良いのです。アマ無線の試験でも出る非常通信は免許の周波数と出力の範囲で行なうので改造は不要です。この場合「ヒゼウ」を三回前置して呼出し、通報を行ないます。
普段からオフバンド送信を有効にしておくのは不法無線局開設に問われる可能性大で、「遭難時の保険」という言い訳はできませんよ。たまに非常通信で助かる登山者の記事を見かけるけど、遭難時にチップを外しているヒマは無さそうですね。
ワイヤーカットならできるかもしれませが  :p

改造してオフバンダーになりたい人が多いのだろう。もしくは山で遭難して遭難通信をしたいのか、 とりあえず以前から割と人気がある記事なのだが、、MSN SpaceからWordpressに強制移行になった ときに写真が行方不明になったまま。面倒なので放置プレイ。

裏フタを開けたら改造ポイントはそこしかないといわんばかりに非常にわかりやすいので写真は要らないだろう。このリグで嫌なのは電池が専用のリチウム電池パックのみであることと、 充電状態表示が非常にわかりにくいこと。電源オフでの待機電流も結構多いらしく気づくと使えなかったり。リチウム電池は充電の管理ができてないと割と早く劣化します。当然だいぶ前に電池パックが少し膨れてきて、持たなくなる前に売却。DJ-X7が現行の間は電池パックの交換には困らないとは思いますが、とにかく他の機器も含めてあまりにも機種専用の電池パックの管理が面倒になったというのが本音。

他には音量調整が2レンジに分かれてて面倒とか、レピータのセミデュープの周波数メモリが分離しててサーチするときにかならずアップリンクも見るはめになるとか、小さいので仕方ないが音量が大きくても了解度が悪い(音質が悪い)とか、イヤホンジャックが2.5mmだとか、ダイヤルのカチカチがうるといとか、まあいろいろとアルインコっぽさはある。操作性の難はともかく、本体の小ささと軽さは何者にも勝るので、単四電池二~三本で運用できるオプションがあれば手放さなかったと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中