今となってはWindows98は軽い。

パソコンの調子が悪くなってきたので、Windows98SecondEdition をインストール。もともとWindowsXPが動いていたけど、なんとなく。もうすぐサポートも終わるし。

構成はIntel D865GBF、Pentium4 3.0GHz、DDR400 1GB、SATA 120GBで、他にDVD-RAM、LS-120(!)、USBサウンドアダプタ、USBマウスとかそんな感じ。ATAコントローラでつまづいたもけど、Intelにサポート情報があったのでいったん削除して再セットアップが必要だったけど、なんとか設定完了。LS-120が使えなくなったが以前も最近も使ってないから、まあいい。

ひととおり設定とよく使うソフトのインストールが終わって落ち着いて使ってみると予想通り非常に快適。古いパソコンでWin98を活用するってのもありだけど、最新(に近い)パソコンでWin98ってのは異次元を体験できるのでした。

広告

912812(MS06-013)とWindows 98/Me

いつもならそれほど興味もないWindowsの月例アップデート、今回はWindows98/Meのサポート期限が明確になったのでPC330に入れたWin98を使い続けるべく気にしているところ。

で、いくつかの緊急レベルの更新が含まれており、そのうちのひとつ912812がかなりくせもの。これはインターネットエクスプローラーの拡張機能(ActiveX)の動作を変えてしまうので、従来からあるActiveXを使ったページが機能しなくなるという感じ。

対応させるにはウェブページの管理者側の対応が必要らしいけど、indowsUpdateすら対応していない状況ではね。動作を変更することでの対応はWin98/Meでは非対応。極端な言い方をすれば、この更新を適用したらActiveXのインストールができなくなるってことで、Yahoo Messenger、Macromedia Flash Playerなんかのインストールのようなのができない。さてどうしようか。