DRMコンテンツ

プレゼントでもらったデジコインの残りをまったく使っていなかったので、使用料を徴収するといわれました。
使用料をとられたら残り少ない残高が全額なくなってしまうので、もったいない。

追加チャージするのも面倒なので、残高だけで買えるとこを探して、
ある楽曲ダウンロードサービスでDRMコンテンツをダウンロード。

買ったファイルはWMAでポータブルメディアに5回同期可能、CD書込み不可という制約。

せっかく初めてのダウンロードサービスなので以前買ったオーディオプレーヤPanasonicのSV-SD100に転送….

 

… できません (p_q

 

Windows MediaPlayerではファイル転送でしかないのでそもそも不可、

SD JukeboxではDRM付きのWMAはインポートできないと。

 

しかも、すでに同期回数は5回から4回に減ってる。

さすが今流行のデジタルオーディオ。まだ、まいりました、とはいかないですよー。

 

プロテクト外しはできないし、そもそもやってはいけない。

アナログキャプチャもシャクなので、光Out-InのループバックでデジタルキャプチャしてWAVに。

なんとか、同品質のWMAまでもってきて無事SD Audioにおさまりました。

電子透かしとか入ってそうなのでオンラインで送信したりなんてしませんが。

 

でも、厄介な代物ですね。これ。

ダウンロードサービスでよっぽどほしいものが無い限りCD買いますね。

広告

著作権保護対応SDカードアダプタ

松下のデジタルオーディオプレーヤ SV-SD100 で使うために手もとのSDカードを使おうとしたら認識しない。

これまでSD-Jukeboxについてきた松下製のSDカードアダプタを使っていたので気にならなかったけど、SD Audioを扱うには著作権保護対応のSDカードアダプタでないとだめらしい。調べてみたら、SD、miniSDのアダプタ(USB)はあわせて3コあるものの、松下製以外の2コは著作権保護に対応していないので、使えなかった。予想外に対応していないものだと関心したものの、SD-SD100だけで使う場合は、USBがプレーヤにつながるので問題ないのかな。USB1.1だけど。

OWL

Borland C++ 2005 が動かないのであきらめて Borland C++ 5.0 で遊ぶ。

 

BC++4.5とあわせて大学のときに少しさわったことがあるので、みためには違和感ない。

そのときはまったく分からないままスルーしたOWLを使ってみようとおもったものの、

手元にはBC++3.0の本が一冊あるのみで、ウェブにもあまり情報は無い。

 

サンプルを見た感じ、いまだったらなんとかなりそうなのに。

 

OWLはすでに終わった技術なのだと変に実感。

 

 

Borland C++ 2005 Suite

帰宅したら、Borland C++ 2005 Suiteが届いていました。

開発環境を買うのは、しばらく使っていないVisual Studio.net w/MSDN以来二年ぶりくらい。Borland C++ Suite はサポート無しながら最新のBorland C++ 2005の統合環境と、過去に出された32ビット、16ビットのWindows、DOSの開発環境が3枚のCDに収められているものです。このボリュームで15,750円ですよ。私が学生のとき(といっても数年前)にこれがあったら、間違いなくこれで決まりでしたね。LSI-C86やMS-C/C++7で苦労したりせずに済んだことでしょう。

とりあえずBorland C++ 2005をインストールして認証させてみたものの、なぜかインストールしたパソコンではスプラッシュウィンドウが一瞬出て終了してしまって動作しないけど、あまり興味がないので放置。あくまでも、自分の中でのメインはBorland PowerPack for DOS。DOS用コンパイラを使っていたときはTurboVisionやDPMIが使いたくても、どうしようもなかったんですからね。商品価値が無くなったとはいえ、念願がかなってよかった。安心してまだインストールもできてないですよ。ツールだけのBorland C++ 5.5 Compilerや、gccは初めての人には障壁が多すぎますが、この製品なら値段、内容ともに十分勧められますね。

2015年初秋追記

10年経って、使えなかったBorland C++ 2005 Proを再び触ってみることに。その間、Borlandがインプライズになってて、またボーランドになって今度はエンバカデロになって、Micro focusになっても今も扱いはエンバカデロやしと、迷走を極めてる感じ。その間、自分はMS Visual Studioしか使ってなかったから++Builderのことも興味なかったわけだけど、Borland C++ 2005って C++ BuilderX のことなんやね。はじめて知ったよ。

で、もうサポートしてないんちゃうかと思いながらライセンスのDirect認証を試したら一応アカウントが無いとか、いろいろエラーが返ってくるので認証サービス自体は継続してるんかと思ってたら結局、登録した覚えがなかったのに、「既に別のアカウントで使われている」とか言ってくるの。そんなアカウント知らんし。残ってないし。メアドも最近全部入れ替えたし。仕方がないから当時使ってたであろうアカウントとパスワードをいろいろ組み合わせてたらエラー7013が何回か出てしまいに「上限に達しました」とか言ってくんの。アカウントは一応通ってたのね。結局後で見たらライセンスは有効になってて、Borland C++ 2005は使える状態になってたよ。もう疲れたからBorland C++ 2005 は使わない。